どうしようもない時は頼っちゃおう

最近細胞の再生機能が低下しているような気がしています。

いろいろ調べてみると加齢によってそういった生命維持の機能は失われていくようですね。

わたしもさしづめ危惧していた47歳という年齢になることとなりました。

47歳になって真っ先に気にかかることというと、結局衰退していく肌の老化なんですよ。年輪を経るたびに素肌の入れ替え作用であるターンオーバーシステムが衰退してきます。

ターンオーバー能力は零時すぎの睡眠してるときに作用するのですが、太陽が出ている間の太陽光(紫外線)の攻撃を受けた細胞のシミを生み出すメラニンを排除してきれいな細胞と取り替えてくれます。

このたぐいの老化というのは抵抗することができないと思っていますが、このため私も注目し始めているのが酵素というものです。

酵素は動物が生命の灯火を燃やし続けていくのに不可欠で、酸素や水のように欠くことはできません。

ヒトの腸などにはじめからあるもので、消化機能や新陳代謝の扶助をしています。

おまけに基礎代謝のパワーアップもしてくれるから、ターンオーバーのパワーもアップしてくれるという段取りです。

ですが、酵素ってやつも憎たらしい老化で45歳を経過した頃からしだいに減っていくんですよね。

なので酵素サプリや酵素ドリンクなんかで、人為的に摂取していく必要があるんだよねぇ。

毎日のスキンケアでは皮膚の表面へのビタミンc誘導体の注入や水分補給は可能ですが、カラダの中の老化を停滞させるにはMAP酵素などの摂取が課題になるみたいです。

私もその事実にいち早く気づいたので、この先はずんずん年齢より若く見えるボディスキンを目標にしてやってやるよ。

http://oss-whitehair.xyz/

Both comments and pings are currently closed.