野菜や果物などの植物から作られる酵素

動物や植物が生きていくためには、欠かすことが出来ないものの一つに酵素があります。多くの人は植物により多くの酵素が含まれていると考えているようですが、実は豚肉にも牛肉にも魚にも酵素は含まれているのですが、多くの酵素ドリンクなどは野菜や果物などの植物から作られています。どうしてなのでしょうか?

実は答えはものすごく簡単で、酵素は熱に弱いためです。肉や魚は発酵させることが難しくなります。どちらかといえば発酵ではなく腐敗してしまうため、肉や魚などの動物性の食品から酵素を作ることは難しくなります。ですが、野菜や果物などの植物性の食べ物の場合、発酵・熟成させていくことが出来るため、酵素を作る時には野菜や果物などの植物性の食べ物から作ることが多くなります。

酵素ドリンクは自宅などでも実は簡単に作ることが出来ます。果物を皮や種なども含め丸ごとみじん切りにして、黒糖などと一緒に保存瓶などに入れて、ふたを密閉せずに置いておきます。徐々に果物と砂糖が交じり合い、果物から水分がにじみ出てきてプツプツと泡が立ってきます。この状態が発酵された状態で、これを1週間くらいかけて熟成させることで酵素ドリンクの完成です。一日2回くらいかき混ぜることで、中に空気が含まれてよりしっかりと発酵されます。

Both comments and pings are currently closed.