本当は酵素サプリには効果がない?巷で出回っている噂について

皆さんは、こんな噂を聞いたことはありませんか?
「酵素サプリは飲んでも意味がない。」「酵素が生きている/死んでいるなんてガセだ。」

実は、酵素は微生物でもなんでもありません。ただの触媒です。
生き物ではないのですから『酵素が生きている』というのは間違いだと言えるでしょう。
もちろん、比喩として使うことはできますが…サプリメントの中には『酵素は高温に弱く、死んでしまう』といった記述があるものもあります。

たしかに、酵素は高温には弱いと言われています。60度近くにあると、酵素が活動しない、つまりは失活状態になるのです。
さらに、酵素はタンパク質であるため、一度失活状態になると、再度活動することはありません。
固まってしまい、触媒としての効果を発揮することができないのです。

その考え方からすると『高温で酵素は死ぬ』というのは、比喩としては正しいのかもしれませんね。
しかし、多くの人はそれをそのままの意味でうけとっているのではないでしょうか。

また、酵素は経口摂取しても、体内の酵素量が必ず増えるというわけでもありません。
しかし、酵素を含んでいるもともとの物体の栄養は豊富であり、吸収しやすくなっていますので、酵素系のサプリメントが全く無意味というわけではありません。
体に良いサプリと言ってもいいでしょう。
ただし、巷で言われているような効果を期待することはできないようです。

もしも酵素を摂取するのであれば、スーパー酵素プラスを使用しましょう。
こちらのサプリであれば、より効果的に栄養をとることができます。

Both comments and pings are currently closed.