原因を知ったほうがいい

私たちの体の中には酵素を作る働きがありますが、いろいろな原因により酵素が少なくなったりすることがあります。

酵素が不足したり少なくなったりすると私たちの体がどうなるのか説明していきます。

野生の動物があまり病気をしないのは酵素が多く含まれている自然の肉や草を食べているからだと言われています。

その逆を言えば、人間と言うのは、社会でのストレスや、飲酒、暴飲暴食などが酵素を不足される原因と考えられます。

後は老衰によって酵素が減ると言うこともあります。

酵素が不足することで生じるトラブルとしては以下のことが考えられます。

1つ目は痩せないと言うことがあります。

それから疲れが取れなくなったり、二日酔いなども頻繁に起こるようになります。

体内に目を向ければ、血液がドロドロになったりすることもあります。

その他代謝も悪くなると言うことなので、便秘や口臭や体臭が気になる場合も酵素が少なくなっている可能性があります。

カロリナ酵素プラスの効果で健康維持を目指そう

 

Both comments and pings are currently closed.